[センス オブ ワンダー]
2000年11月25日(土)〜27日(月)
グローブ座劇場


楽屋で一枚。僕たちはレイチェルを助ける漁業局の仲間!
左からジーンの中村麻希子、ボブの僕、
マリーの桑原麻希、シャーリーの深沢美貴子です。


シャーリーとの一枚。僕らは作品中、若い時も出てくるんですが、
これは老けてからの写真です。
僕の役は狂言回し的なところもあり、とても勉強になりました。
余談ですが、ボブはレイチェルに惚れてたんですよ!

  
これはボブじゃありません!!作品の途中に出てくる別の役です。
こういう役も楽しかったなあ!!


伊東恵里さん演じるレイチェル・カーソン。素敵です。
自然破壊をテーマにしたこの作品、
曲がとても素敵で、僕はとても大好きでした!!

 
左はマリーがレイチェルとクジラを見に行って、船で酔った所。
船員にからかわれてます!!
右はウッズホールの研究所。男だらけの中にレイチェル一人。
みんなレイチェルめろめろでした!!


レイチェルの書き上げた「沈黙の春」に抗議する民衆。
文明の進化が自然を破壊するのです。


浜辺でたたずむレイチェル。
この作品は絶対に再演したい作品のひとつです。
今だからこそ、もう一度自然の大切さを考えたいですね。



レイチェル・カーソン・・・
この作品で彼女に出会えたことを誇りに思います。
自然の美しさに目を瞠る感性・・・
「センス オブ ワンダー」を大切にしたいと思います。